育毛は病院が最強!個人輸入のフィナステリドはリスク高い!

フィナステリド

AGA治療は医療機関と個人輸入

どちらで行う方がよいのか?

ネットでも散々議論されています。

ハゲ永遠のテーマともいえると思います。

病院派と個人輸入派がいますが、

私は14年半にわたり病院の正規品でAGA治療をしています。

私は個人輸入してる人は色々と

情弱だなと思ってしまいます。

私は病院一択と思っていますが、

一応、比較してみます。

スポンサーリンク
G.グリーンクリニックAGA遠隔医療

【個人輸入で手に入る薬の大半はジェネリックではなく、コピー薬品】

まずは前提として、薄毛の人が個人輸入で手に入れている薬はジェネリックではありません。

特許制度がない国(インド)などで製造されたコピー薬だということ。

例えばアメリカ製などの正規のプロペシアなどは、

個人輸入で手にれようとなると1万円くらいしたりします。

ニュージーランド産でも7000円~8000円くらいが相場です。

日本の病院で処方される価格と同じくらいです。

この価格だとあえてリスク冒して個人輸入する人はいないですよね?

ですから個人輸入でAGA治療薬を輸入してる人は、
安いコピー薬品になります。

【病院と個人輸入 価格比較】

病院処方の正規品 プロペシアは7500円~8000くらいが相場です。

対する個人輸入のプロペシアも同じくらいの価格です。

プロペシアに関して言えば

病院と個人輸入で価格に差がないと言えます。
むしろ安い病院を探せば個人輸入より安く手に入ります。

次はジェネリックの場合。

フィナステリドは2015年から国内でもジェネリックが発売されています。

国内でのプロペシアの特許が切れた為、

多くの製薬会社が正規ジェネリックの発売を開始しました。

正規ジェネリックのフィナステリドの定義ですが、

厚生労働省に承認された薬です。

クリニックオリジナル製造のフィナステリドはジェネリックとは言えません。

海外から安く仕入れて利益を上乗せされた未承認薬といえます。

ここでは正規ジェネリックのフィナステリドと、

個人輸入のフィナステリド配合コピー薬品の価格を比較します。

現在、正規ジェネリックのフィナステリドの相場は5000円前後です。

最安値湘南美容クリニックの3000円です。
全国展開して大量に仕入れてる為、
3000円という破格な価格設定を維持できてるのでしょうね。

次は3700円でSKIのフィナステリドを処方してる新橋駅前クリニック
次が3800円で処方している、有名EDクリニックのイースト駅前クリニックウエストクリニック、です。

対する個人輸入はというと、

インドのコピー薬品 フィンペシアが1500円~2000円くらいで買えるみたいですね。
フィナロイドは3000円弱くらいか。
これなら湘南で正規品処方された方がいいですよね(笑)

フィナクスとかいうコピー薬だと
なんと1200円くらい。
確かに安い(笑)

安さは個人輸入に分がありますね。

しかし、海外製MSDのプロペシアならともかく、

フィンペシア、フィナロイド、フィナバルド、フィライド、フィナクスなんて

私だったら無料でも絶対に飲みたくない(笑)

そもそも、薬のパッケージからして、

安っぽい・・・・。

まあ、これは個人の自由なんで否定はしませんけどねー。

フィンペシアやフィナロイドについては、

浜松町第一クリニックさんの記事を参考にしてください。
未承認薬「フィンペシア(Finpecia)」について

未承認薬「フィナロ(FINALO)」について

【病院フィナステリドと個人輸入フィナステリド 効果の違い】

効果に関しては完全に病院フィナステリドに分がありますね。

フィナステリドが含有されていれば効果は同じかもしれませんが、

偽薬の存在もある為、総合すると病院の勝ちです。

越野晋氏などは個人輸入でも効果は同じと謳っているが、

偽薬の存在を考慮してません。

偽薬がどのくらいのパーセンテージ存在しているかは不明ですが、

すべてが本物だとは思えないです。

今飲んでる薬が本物だとしても、

それがいつまで続くか。

AGA治療は10年、20年と継続するものですから

その間に偽物を引いてしまうことがあるかもしれない・・・。

個人輸入のAGA治療薬は効果、安全性が不安定と言えるでしょう。

日本人は日本人向けに製造された

正規の病院フィナステリドの方が効果あると思って良いでしょうね。

正規品ならジェネリックでも問題ないと思いますが、

最大の効果を期待するなら

先発品のMSDプロペシアの一択ですね。

ジェネリックといってもすべてが先発品と同じわけではありません。

製造方法や添加物など微妙に違ったりしますからね。

国内で発売されているジェネリックフィナステリドは10種類以上あります。

その中で正規品プロペシアにできるだけ同じ添加物等を使用しているジェネリックを希望の方は

こちらのサイトを参考にしてください→

添加物も同じなら安心感も増しますよね。

私は14年間MSDのプロペシアでしたが、

ジェネリック飲むとしたら添加物も気にしますね。

【病院と個人輸入 副作用出る確率が高いのは個人輸入】

フィナステリドは薬ですから副作用はあります。

だからフィナステリドはアマゾンやマツモトキヨシでは手に入らない

医師の処方箋が必要な薬なのです。

基本は医師の処方で服用するもの。

自己診断、自己判断で飲んでいい薬ではありません。

海外で製造されている安価のコピー薬品が

どのような環境で製造されているかは不明です。

発がん性が確認されている添加物キノリンイエローが使用されている

海外のフィナステリドもあります。

添加物も日本で使用が制限されていものが使用されていたりする可能性もあるので、

国産正規品の方が安心して服用できるのは明らかですね。

何か体調に変化があれば処方した医師に相談もできますし、

血液検査により肝臓機能の数値をチェックしたりもできます。

個人輸入はすべてが自己責任なので

リスクも多いです。

厚生労働省も注意喚起をしています。
プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について

【個人輸入のフィナステリドの危険性とデメリット】

個人輸入のフィナステリドは効果・副作用・安全性・偽薬の存在など

多くのデメリットがあります。

というか、価格が安いという以外はすべてデメリットとも言えます。

個人輸入したフィナステリドで重大な副作用が出ても

医薬品副作用被害救済制度の適応になりません。

重度な副作用が出ても、治療費が補償される制度です。

ざっくり言うと、国が承認した薬で副作用が出たのだから

国が補償します、という制度です。

安さに釣られて
インドや東南アジアから

フィナステリドのコピー品を輸入して勝手に飲んで重大な副作用が出ても自己責任というわけです。

これは仕方ないですよね。

実際にフィナステリドで重度な副作用が出て

救済制度を利用した人がいるのかどうかは不明です。

しかし、このような補償制度があるというだけで

安心感は半端ないですよね。

病院フィナステリドのメリットです。

病院フィナステリドは医師の診察付で3000円~4000円

個人輸入はすべて自己責任、偽薬、添加物の心配をしながら飲んで1500円

この程度の差額で個人輸入を選択するメリットありますか?

2000円程度の節約して
何を買うつもりですか?

育毛情報商材を販売してる

越野晋という人が個人輸入を推奨していますが

何かあったら責任とれるのでしょうか?

AGA治療は医療なので医療機関で受けるのが普通なんですよ。

現在はコロナでオンライン診察で薬は自宅まで郵送されるところが殆ど。

よく考えてから
病院か個人輸入か

選択するべきだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました