AGAクリニックの初回限定キャンペーンを利用して安くお薬ゲット!

スポンサーリンク
G.グリーンクリニックAGA遠隔医療
AGAクリニック

はじめに

2005年にフィナステリドが厚生労働省で承認されてから、日本でもAGA治療がスタートしました。今や全国の医療機関でAGA治療を受けることができます。しかし、自由診療の為、料金などの幅が広くトラブルも多く聞きます。今日は賢くAGA治療を受けることができるコツを伝授します。

維持コースと発毛コースの違い

AGAクリニックが維持コース、発毛コースで料金を分けてるとこがあります。

維持コースと発毛コースの違いですが、

維持コースはフィナステリドかデュタステリドの単剤

発毛コースはフィナステリドかデュタステリドにミノキシジルを加えるだけです。

維持コースというと発毛しないのかよ!!

とガッカリする人がいるかと思いますが

これは間違いです。

フィナステリド、デュタステリドのみでも十分に毛量は増える可能性が高いです。
現に私はフィナステリド単剤のAGA育毛を15年間以上しておりますが、
現在の方が15年前より髪の毛の量は多いです。

フィナステリドとデュタステリドについては、

下記の浜松町第一クリニックさんのWEBサイトが最も解りやすく解説しています。

プロペシア®錠の臨床効果<国内データ(3年)(浜松町第一クリニック)
https://www.hama1-cl.jp/propecia/clinical_efficacy03.html

ザガーロの有効性について(浜松町第一クリニック)
https://www.hama1-cl.jp/zagallo/phase_three.html

一部AGAクリニックで維持コースと称されている単剤治療でも
十分に育毛効果が出る可能性があることがわかると思います。

AGA育毛の費用は1ヵ月いくらかかる?

医学的なエビデンスある治療薬は3種類だけ。

AGAクリニックでの費用の相場ですが本当に色々あって年間で100万円近く掛かるクリニックから、
年間4万円で収まるクリニックまであります。
使う薬によって価格に差が出るとの意見が出てきそうですが、
AGAにエビデンスがある治療薬は2021年12月現在で
フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル(外用)の3種類だけです。

標準治療に育毛メソセラピーをオプションで付けると高額になる

巷のAGAクリニックで流行ってる
1回治療代が4万円~5万円前後する育毛メソセラピーには現時点でエビデンスがありません。

エビデンスが無い育毛に高額な費用を負担できる富裕層や、
エビデンスがある治療を数年続けていて満足行く結果が出ない人なら試す価値はあるかもしれません。

個人的にはお勧めしません。
AGA治療は日本皮膚科学会のガイドラインで推奨されてる
フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルを中心に行うべきだと思います。日本皮膚科学会 AGAガイドライン
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

フィナステリドの費用相場は?

日本皮膚科学会でも推奨度最高ランクのAに格付けされている
フィナステリド。
私は15年前にフィナステリドによるAGA治療をクリニックにて始めました。

クリニックで処方されるフィナステリドは大きく分けて2つに分けることができます。

ひとつが国産の製薬会社(沢井製薬やトーワ薬品等)が製造・流通させている承認薬ともひとつがAGAクリニックが独自で製造・輸入している海外製です。

承認薬のフィナステリド

承認薬とは厚生労働省が正式に承認した薬で医師の処方箋により処方される薬です。
承認薬の中でも先発品とジェネリック薬品の2つがあります。
先発品は2005年よりAGA治療薬として処方されているプロペシア(フィナステリド)です。
プロペシアは正規薬の中の正規薬と言えます。元祖ですからね。
私は15年間ずっとこのプロペシアを服用しています。

元祖先発品ですから数あるフィナステリドの中でも信頼度は№1なのですが、このプロペシアはとても高いです。2005年に発売されたときは製薬会社が
参考価格 1錠250円としていました。

28錠入りなので1箱7,000円ですか。

しかし、AGA治療は自由診療なので医療機関が自由に薬代を設定することができます。

2021年12月時点での相場は、だいたい1箱8,000円~9,000円です。
8,000円台で扱ってる医療機関ならかなりお安い方かなと思います。

プロペシアは発売されてから長い歴史がるので、国内でジェネリック薬品も発売されています。
治療効果は先発品のプロペシアと大差はないと言われています。
(私はジェネリック薬に少し懐疑的なので先発品を購入してしております(笑))

ジェネリックのフィナステリドは多くの製薬会社が発売していて、
料金の相場は5,000円前後のところが多いです。
大手のクリニックの方が大量仕入れにより価格を抑えられてる印象があり、
逆に街の開業医などでは価格が高騰してるようです。

海外製の未承認フィナステリド

海外製の未承認のフィナステリドは大手AGAクリニックなどで処方されています。
クリニックが主にインドなどから安くフィナステリドを輸入して、
育毛に効果があるとされているビタミン剤やミネラルなどとと混ぜて調剤しています。
医院オリジナル薬と称されて処方されております。

各種有効成分を調剤しているので、価格は正規の承認フィナステリドより高くなることもあります。
相場は7,000円前後のとこが多いようです。

インドのシプラ社(Cipla Limited)のフィナステリドである
「フィンペシア」を医療機関が個人輸入して患者に処方しているクリニックもあります。
こちらは4,000円前後で処方しているクリニックが多いですね。

 

海外製未承認薬のデメリット

海外からの輸入薬品であるクリニックのオリジナル薬とフィンペシアは厚生労働省に承認されていない未承認薬になります。

万が一、薬により重度な副作用が出た場合、「医薬品副作用救済制度」の利用ができません。

副作用により体調を崩して病院に入院しても治療費は自己負担になるリスクがあります。

デュタステリドの費用相場は?

日本皮膚科学会でも推奨度最高ランクのAに格付けされているデュタステリド。

こちらもフィナステリドと同様、クリニックで処方されるデュタステリドは2つに分けることができます。

ひとつが国産の製薬会社(沢井製薬やトーワ薬品等)が製造・流通させている承認薬と、
もひとつがAGAクリニックが独自で製造・輸入している海外製です。

 

承認薬のデュタステリド

承認薬とは厚生労働省が正式に承認した薬で医師の処方箋により処方される薬です。
承認薬の中でも先発品とジェネリック薬品の2つがあります。

先発品にはザガーロがあります。私も1年2ヵ月程服用して確かに効果を実感しました。
特に前頭部に効果がありましたね。

前頭部の薄毛に悩んでいてフィナステリドを数年飲まれて効果が実感できない方は医師に相談の使用するかの判断をされるのも良いかもしれません。しかし、副作用の頻度はフィナステリドより多いと言われてるので、副作用が心配な方は医師にご相談した方が良いと思います。

ザガーロは効果も大きいですが価格も高いです。

最近は得にに値上がりして

相場は1カ月分 11,000円~12,000円になっています。

10,000円で収まってればかなり良心的なクリニックかと思います。
なんでも仕入れ価格が年々高騰していてると医師の方が仰ってました。
高いですね・・・。でも、個人輸入して自己判断で飲んで良い薬ではないと思うので、
かならず医師の診察を受けて頂きたいですね。

ザガーロにも正規の承認されたジェネリック薬品ががあります。
こちらは7,000円~8,000円で処方されているようです。

海外製のデュタステリド

正規の承認されたジェネリック薬品の他にクリニックが独自で海外から輸入した

未承認のデュタステリドも処方されています。

こちらは前立腺肥大症の患者向けに製造された薬をAGA患者に処方しているようです。

国産の前立腺肥大症向けのデュタステリドを処方してるクリニックもありますが、
使用用途が違うのでこちらも副作用救済制度の適応はありません。

価格は正規のジェネリック薬品と大差なく7,000円~8,000円前後のとこが多いです。

・ 費用相場 まとめ

プロペシア            8,000円~9,000円
正規ジェネリック フィナステリド 5,000円前後
クリニック自家製 フィナステリド 7,000円前後
ザガーロ             11,000円前~12,000円
正規ジェネリック デュタステリド 7,000円~8,000円
海外製      デュタステリド 7,000円~8,000円
育毛メソセラピー 1回       40,000円~50,000円

日本皮膚科学会のガイドライン通りの治療をすれば間違いありません。
薬は正規の承認薬なら先発品でもジェネリック薬品でも効果・安全性に大差はありません。

クリニックオリジナルの薬(中身は海外製です)や海外製の薬は副作用救済制度の適用外です。

日本皮膚科学会のガイドラインで評価されていない育毛メソセラピーなどを治療に加えると
費用が高額になります。年間100万円近くなる場合もあるので、
予算に余裕がない方は注意が必要です。

AGA育毛を安く抑える秘訣

AGA育毛、ハゲ薄毛の治療はクリニックにより価格が違います。
しかし、使用されるお薬は同じです。
フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル(外用)です。

つまり、AGA治療に名医は必要ありません。
薬を使用するだけですから、経験30年のベテラン医師でも、研修医でも治療効果は同じです。

だったら少しでも安いクリニックで治療を受けた方が良いでしょう。

クリニックのキャンペーンを利用する

AGAクリニックは初回限定キャンペーンを行っているところが多いです。
通常の薬代よりかなり安くなっているので、
キャンペーンを利用すれば安くフィナステリド、デュタステリドを手に入れることができます。

私がお勧めのキャンペーンをご紹介します。

プロペシア、ザガーロが国内最安値並の価格で半年分が手に入るキャンペーン

私が一番お勧めのキャンペーンはこちらです。
G.グリーンクリニックAGA遠隔医療

 

対象はこちらのクリニック初診の方限定です。

診察から薬の郵送まで、すべてがオンライン(医師の電話などでの診察)で完結します。
AGAがテレビ電話診療で全国受診

私が知ってる中で最もお得なAGAキャンペーンで、
プロペシア、ザガーロが最安値並で入手できます。

診察料・送料が無料で掛かる費用は薬代のみです。

こちらのキャンペーンは薬をまとめて処方を受けるとお得になります。
4ヵ月分以上で1カ月分が無料に、6か月分以上で2ヵ月分が無料になります。

プロペシア 6か月分(28錠×6か月)で2ヵ月分が無料になり計32,000円(1カ月あたり5,333円)
ザガーロ  6か月分(30錠×6か月)で2ヵ月分が無料になり計40,000円(1カ月あたり6,666円)

かなり安いのでお勧めです。
他院でAGA治療を受けていた方でも大丈夫です。

正規の薬で同じ薬なら、少しでも安いところが良いですよね。

湘南美容クリニックのキャンペーン

全国展開してる湘南美容クリニックのキャンペーンもお買い得です。

正規品ではなく、厚生労働省未承認の湘南オリジナルのフィナステリド

AGA治療薬HRタブレットFが通常3,000円のところ
初回限定価格の1,800円です。
別途血液検査代 3,870円が掛かりますから

合計 5,670円からAGA治療を開始できます。

プロペシアは初回限定 5,500円、ザガーロは初回限定5,300円です。
血液検査代と合わせると9000円台から先発品での育毛が始められる計算になります。

初回限定で1箱しか購入できませんがお得とです。

薄毛でお悩みの方へ|湘南美容クリニック植毛薄毛治療

AGAスキンクリニックのキャンペーン

こちらも全国展開しているAGAスキンクリニックの初回限定価格です。
https://www.agaskin.net/price/

プロペシアが通常7,700円のところ、初回1箱のみ4,600円で処方されています。

大手クリニックですから大量に仕入れて価格を抑えれていますね。

でも2回目以降はそこまでお得感を感じません。

キャンペーンはお得感ありますね。
私としては6カ月間分の処方で2ヵ月分が無料になる
ふくろうキャンペーンが最強だと思います。

まとめ

AGA治療は自費診療の為、価格は医師が自由に設定できます。
適正価格のところもありますが、少し高いところが多いですね。
正規の承認薬は、製薬会社から安く卸せないので仕方ないのですけどね。

海外から輸入して調剤してるクリニックもピンキリです。
湘南美容外科のように低価格のところもあれば、
かなり割高なクリニックもあります。

最後は医師のモラルの問題でしょう。

AGAについて勉強すれば
高額な治療費を取られないで済むでしょう。

知識武装しましょう!

それでは!

タイトルとURLをコピーしました