悪徳AGAクリニックに騙されない?クリニックの選び方【初心者ハゲ必見】

AGAクリニック

この記事を読んでる方はハゲ・薄毛で悩んでる人だと思います。

これからAGA(男性型脱毛症)治療を検討している人に対して

AGA治療歴16年目(プロペシア15年服用、ザガーロ1年服用)の私が病院選びのポイントを教えます。

結論を先に言ってしまいますと、AGA治療は承認薬(国内製薬会社製造)がお勧めです。

フィナステリド&ミノキシジルの併用でも、治療費は月1万円で収まるでしょう。

海外製(医院オリジナル薬含む)は副作用が出た場合の補償がありません。

この記事を全部読めば、高額な悪徳AGAクリニックに行かなくて済みます。
また、AGAクリニックの利益のカラクリも知る事もできます。

最後まで読んで頂けると嬉しいです。

ハゲ(AGA)は薬で治す

一番最初に知ってもらいたいこと。それはハゲ・薄毛は薬で治すということです。
薬は大学病院の教授が処方しようが、大学出たての研修医が処方しようが効果は同じです。

AGA治療に名医は存在しません。

効果の差は、薬の種類薬の濃度個人の体質でしか出ません。

AGA治療で処方される薬は主に3種類です。
この3種類だけがエビデンスがある薬として日本皮膚科学会のガイドラインでA評価を受けています。

内服フィナステリド外用ミノキシジル内服デュタステリドです。

効果が医学的に認められているのはこの3種類だけです。

高い診察料は必要ありません。
頭頂部の写真撮影マイクロスコープでの頭皮チェックも必要ありません。

AGA治療は薬を使用することしかできませんからね。

AGAの薬には承認薬と未承認薬の2種類がある

ハゲに効く薬は3種類(フィナステリド、ミノキシジル、デュタステリド)あることは説明しました。

その3種類の薬も実は2種類に分類することができます。

それが、承認薬未承認薬です。

承認薬

承認薬とは厚生労働省が承認している治療薬です。
国内の製薬会社が製造した薬の大半が承認薬です。

承認薬を正しく服用して重度な副作用が出て治療が必要になった場合、
「医薬品副作用被害救済制度」の適応になり治療費が国から補償されます。

主な承認薬の製品

主な承認薬は下記になります。
普通に大学病院や総合病院などで処方されるAGA治療薬はすべて承認薬と思って良いでしょう。
プロペシア錠(オルガノン)
フィナステリド錠(沢井製薬、東和薬品、クラシエ、武田薬品、富士化学工業、SKI、ファイザー、等)
ザガーロカプセル(グラクソ・スミスクライン)
デュタステリド(沢井製薬、東和薬品、日新製薬)
リアップ(大正製薬)
メディカルミノキ5(アンファー)
ミノアップ(東和薬品)

未承認薬

未承認薬とは厚生労働省に承認されていない治療薬です。

AGA専門クリニックで処方される

「医院オリジナルAGA治療薬」

「オーダーメード治療薬」

などが未承認薬になります。

この「医院オリジナルAGA治療薬」は承認薬と同じ有効成分のフィナステリド、ミノキシジル、デュタステリドが配合されています。
有効成分を海外から輸入して独自に製造しているので厚生労働省に承認されていない未承認薬になります。
有効成分は同じだから効果は承認薬と変わらないかもしれません。

しかし、未承認薬は「医薬品副作用救済制度」適応外の為、
重度な副作用で治療が必要になった場合、治療費は全額自己負担になります。

医師が処方していても未承認薬は救済制度の対象外です。
副作用が出た場合は処方した医師の責任になります。

自分が処方された薬が承認薬か未承認薬かを調べる方法があります。
下記サイトで検索して表示されなかったら未承認薬の可能性が高いでしょう。

医療用医薬品 情報検索(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)

医院オリジナルAGA治療薬は海外製

AGA専門クリニックで処方されている未承認薬の「医院オリジナルAGA治療薬」は海外製です。
病院から処方されているのに海外製なの?と意外に思うかもしれませんね。

医院オリジナルAGA治療薬は、AGAに効果がある有効成分である
「フィナステリド」「ミノキシジル」「デュタステリド」
を海外から医師免許による個人輸入で入手して医院が独自で調剤、処方をしている薬です。

医師は患者に必要と認められる場合は、海外から未承認薬を個人輸入して処方することができます。

医師等が治療に用いるために輸入する場合

外見は国産に見えますが中身は海外製なのです。

ですから厚生労働省に承認されていない「未承認薬なのです」

※未承認薬は「医薬品副作用救済制度」の適応外

AGA治療を行うクリニックの種類

AGA治療を行っているクリニックは全国に多くあります。
大きく分けると以下の4つに分かれています。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

専門系クリニック

いわゆるAGA専門クリニックです。
テレビCMやネット広告を多く出しているのが特徴です。

専門クリニックだから特別の事をやっているのかと思うかもしれませんが
治療はフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルを使った治療です。一般クリニックと殆どは同じです。

専門クリニックはフィナステリド、ミノキシジル配合の「未承認薬」

「医院オリジナル治療薬」

「オーダーメード処方」

などと称して処方しているところが多いです。

また、日本皮膚科学会の脱毛症ガイドライン

「行うべきではない」

としてD評価で警鐘を鳴らしている

「ミノタブ」の処方を行っているクリニックが多いのも特徴です。

飲むミノキシジルは危険!?行わない方が良い? | ガチンコ育毛ブログ AGA治療は病院で! (20hage.com)

メソセラピー(頭皮に打つ注射)など効果にエビデンスが無い高額なオプション治療を行ってる場合があります。

プラセンタの方がAGAメソセラピーよりは育毛に適してるんじゃね? | ガチンコ育毛ブログ AGA治療は病院で! (20hage.com)

女性専門カウンセラーとかいうよくわからない人達が存在していて
エステ並の勧誘を行ってくるクリニックも存在するみたいなので注意が必要です。

繰り返しますが、専門クリニックも治療の中心は日本皮膚科学会のガイドラインで推奨されている

「フィナステリド」「ミノキシジル」「デュタステリド」です。

ただ、それら海外製の未承認薬として処方される可能性が高いというだけ。
(専門クリニックも承認薬を扱ってはいます)

治療代の相場は月3万円~5万円前後と思われます。
また、半年コース、1年コースなどのパック料金になっており
治療代の前払いをローンなどで支払うよう勧めてくるクリニックもあります。

ED系クリニック

ED系クリニックとはターミナル駅近にあるバイアグラなどを処方している男性専門クリニックのことです。この男性専門クリニックではAGA治療も行っています。

ED系クリニックの特徴は処方している薬が「承認薬」が多い点です。

プロペシアやザガーロと言った先発品から、
フィナステリド錠やデュタステリド錠などの正規ジェネリックも取り扱っています。

プロペシア 最安値 | ガチンコ育毛ブログ AGA治療は病院で! (20hage.com)

診察料・再診料は無料なことが多く、薬代だけでAGA治療が行えます。

その分、診察時間は短く、患者の回転率で利益を得るビジネスモデルです。

再診の場合、受付から薬の処方を受けて医院を出るまで5分弱で終わこともあります。

薬の価格も専門クリニックよりも安い場合が多いです。
最安円で承認薬の処方を受けられるのはED系クリニックで間違いないでしょう。

プロペシア 8,000円前後、フィナステリド錠4,000円前後
ザガーロ 10,000円前後、デュタステリド錠7,000円前後

がEDクリニックの相場です。

・承認薬が安い
・予約不要で処方までがスピーディー
・余計なオプションがない
・女性カウンセラーがいない
・営業を受けない
・海外の未承認薬を扱ってるところが少ない

以上がEDクリニックのメリットになります。

AGA治療で評判の良いおすすめED系クリニック
・駅前イーストクリニック
・ウエストクリニック
・浜松町第一クリニック
・新橋駅前クリニック
など

美容外科系クリニック

美容外科クリニックでもAGA治療を行ってるところは多いです。
承認薬、未承認薬ともに扱ってるところが多いです。

メリットは初回限定の1ヵ月目の薬が割安になるところあることでしょうか。

デメリットはあくまで美容外科でAGAのクリニックではない為、
待合室などで美意識の高い女性患者と鉢合わせになることです。

かなり気まずいですよ。

美容系でのAGA治療は正直お勧めできないですね。
高額のオプションを営業されることもありますし
コース料金とか色々とあってお金が掛かります。

一般系クリニック

一般クリニック系とは町のお医者さんのことです。
皮膚科クリニック、内科クリニック、泌尿器科クリニックでAGA治療を行っていることが多いです。

一般クリニックのメリットは血液検査などを迅速に行える点でしょうか。
ED系クリニックや美容系クリニックでは血液検査に対応できてないとこも多いですからね。

一般系クリニックのデメリットは医師がAGAについて詳しくない場合があることですね。
あと、薬代の他に自費診療として診察料が別途掛かってしまう場合が多いです。

プロペシア9,000円(ジェネリック6,000円)、診察料3,000円

計9,000円~12,000円

くらい掛かるところが多いみたいです。

一般クリニックだとAGA患者は少なく他の疾患の患者が多いため、
診察の待ち時間などが長くなることがあります。

一般系のクリニックだと、そもそもAGA治療を行ってないところが多いので
行かれる前に電話で確認することをお勧めします。

また、下記サイトでAGAクリニックを行ってる医院を検索することもできます。

製薬会社オルガノン AGA病院検索サイト

AGAは承認薬で行う標準治療がベスト

どこのクリニックで処方されるかは関係なく

AGA治療は承認薬(国内製薬会社製造)で行うのがベストだと考えます。

承認薬のプロペシア、ザガーロ、リアップにはすべて正規のジェネリック薬品がありますから、

そこまで治療代の負担は掛からないはずです。

プロペシア 最安値 | ガチンコ育毛ブログ AGA治療は病院で! (20hage.com)

むしろ未承認薬の方が色々とオプションを付けられ高額になる可能性が高いです。

【注意!】AGA治療で年間契約をしてはいけない理由 | ガチンコ育毛ブログ AGA治療は病院で! (20hage.com)

AGA承認薬のメリット

・承認薬は副作用救済制度の適応がある
・薬代が安い(フィナステリド3,800円~)
・国内の製薬会社製造だから安心できる
・都度払いである(ローンを組まされない)

治療費が高額になるクリニックの特徴

AGAはコンプレックス産業なので
治療費が高額になるクリニックが多いです。

気を付けた方が良い特徴がいくつかあります。

下記に当てはまるクリニックは治療費が高額になったり、
女性カウンセラーに高いコースの勧誘をされる恐れがありますので注意が必要です。

6ヵ月、12ヵ月などコース設定されている

AGA治療は医療です。薬を服用するので予期せぬ副作用が出る可能性があります。
エステや脱毛じゃないんだから、コース設定なんて馬鹿げてる。

HARG(ハーグ)療法を行なってる

かなり昔からありますが、いまだにHARG(ハーグ)療法にはエビデンスがありません。
治療費が高額です。私は無料でもHARG療法はやりませんね。

HARG(ハーグ)療法の相場価格 1クール 6回 50~70万円

高い(笑)

私は無料でもやらないですけどね(笑)

育毛メソセラピーを行ってる

メソセラピーは今流行りです。
医院にとってはドル箱なのではないでしょうか。

しかし、メソセラピーがAGAに効果があるというエビデンスはありません。
日本皮膚科学会の脱毛症診療ガイドラインを見ればわかります。

エビデンスが無いものに1回数万円する治療費を掛けるのはコスパが悪いと思います。
私は無料でもメソセラピーはやりません。

百歩譲って少しでも効果があったとしても、その効果を維持する為には
メソセラピーを定期的に打たないといけません。治療を継続しないといけないわけです。
数回打って遺伝子が変わり毛が生え続けるなんて治療法は世界中探してもありません。

そんな治療があったらノーベル賞が貰えるでしょう。

ビフォーアフター写真を掲載してるクリニックがありますが
本当にメソセラピーだけの効果が疑問です。

おそらく同時並行でフィナステリド、ミノタブも行ってるでしょうから、
そちらの効果の可能性もあるでしょう。

メソセラピーの相場価格 1回 7万円前後

私なら無料でもやらない(笑)

未承認薬を勧めてくる

未承認薬を勧めてくる医院は注意が必要です。
なぜ未承認薬を勧めてくるのか?
それは承認薬より未承認薬を処方する方が医院は儲かるからです。

承認薬は国内製薬会社から仕入れる為、仕入れ値が高いです。
いくら処方しても大して利益はでないでしょう。

それに対して未承認薬は、医師が医師免許による個人輸入で海外から安く輸入しているわけですから
承認薬よりも利益率は高いと思われます。

勧めてくる未承認薬の価格が承認薬より大幅に安価であれば、患者側にメリットがあるかもしれません。

しかし、逆に未承認薬の方が高い場合も多々あります。
その場合は「副作用救済制度」の対象外の薬を承認薬よりも高い価格で購入するわけで
患者側にはデメリットしかないような気がします。

未承認薬には有効成分以外に、「ビタミン」「ミネラル」「アミノ酸」などの栄養素が加えられているみたいですが、それらがAGAの治療効果を上げるというエビデンスはありません

返金制度がある

AGA治療は自費診療ですが医療です。エステや育毛サロンではありません。
医療に返金制度なんて不要だと思います。

返金制度は返金を巡るトラブルに発展する可能性があります。
返金を受ける為の要件が沢山あったり、結局は医院側は損しないようにできています。

返金制度は集客のプロモーションだということを肝に銘じましょう。

AGAクリニックは承認薬の有無と価格で決めよう

個人的にAGA治療は承認薬(国内製薬会社製造)がお勧めです。

価格はクリニックにより幅があるので
ネット等でできるだけ安いクリニックを選びましょう。

個人的には先発品のプロペシア、ジェネリックなら沢井製薬のフィナステリドがお勧めです。

ミノキシジル外用薬はある程度、フィナステリドで効果を確認して
満足行く効果が出なかった場合に楽天やAmazonで安いのを購入すれば良いと思います。

プロペシア   8,000円~9,000円
フィナステリド 4,000円~5,000円
ミノキシジル  4,000円前後

月のAGA治療費、月4,000円~12,000円くらいで収まれば相場内だと思います。

ED系のオンラインAGA診療がコスパ最強

個人的にED系クリニックのオンライン診療がお勧めです。
オンライン、電話診察で薬の郵送処方までが完結するので、
全国の人が利用することができます

ED系クリニックは承認薬しか扱ってないところが多いですし、
都度払い高額な治療コースの勧誘をされる心配がありません。

※一部、先発品を最安値で表示して患者を集め、利益率の高いインド製を売りつける儲け主義のクリニックも存在している

1万円以上の処方で送料が無料になる医院が多いです。

まとめ

AGA治療は薬で治療します。

薬で治すのでAGAに名医は存在しません。

AGAに効果がある薬は3つしかありません。

フィナステリド、ミノキシジル、デュタステリドです。

AGA専門クリニックもEDクリニックも一般クリニックも
基本的にはこの3つの薬で治療を行います。

同じ有効成分なので効果に大差はありません。

しかし、AGA専門クリニックの

「オリジナル治療薬」や「オーダーメード治療薬」は
厚生労働省に承認されていない未承認薬です。

未承認薬は「副作用被害救済制度」の適応が無いため、
重度な副作用で治療の必要が出ても全額自己負担で治療を受けなければなりません。

未承認薬で患者に重度な副作用が出た場合は処方した医師に責任が生じます。

一般クリニックやED系クリニックは厚生労働省に承認された

正規の承認薬を処方しています。
(国内製薬会社製造)

承認薬は「副作用被害救済制度」の対象になります。

AGAは承認薬による標準治療がお勧めです。

エビデンスの無い治療はお金に余裕がある人だけ行えばよいでしょう。

効かないでしょうけど(笑)

タイトルとURLをコピーしました