プラセンタの方がAGAメソセラピーよりは育毛に適してるんじゃね?

AGAクリニック

AGAメソセラピー

メソセラピーとは

AGA専門クリニックのドル箱商品

それが育毛メソセラピーです。

AGAメソラピーとは注射で頭皮に直接有効成分を注入して発毛を促す療法です。
日本皮膚科学会の脱毛症診療ガイドラインでは評価されていません。

現時点ではエビデンスが乏しい療法と言えます。

大手AGAクリニックではAGAスキンクリニック、銀クリなどで行われているようです。
また大手美容クリニックの湘南美容クリニックでもAGA治療として
育毛メソセラピーを行ってるようですね。

育毛メソセラピーの問題点

メソセラピーの問題点は下記になります。

・メソセラピーは治療代が高額
エビデンスが無い
・効果があっても続けないと効果はなくなる
・未知の副作用

問題点をひとつずつ見ていきましょう。

メソセラピーは治療代が高額

AGAクリニックのメソセラピーはビックリするくらいに高額です。

正直、桁が違います。

1回の注射で70,000円~80,000円するのが普通です。
それを6回~10回を1クールにして
何クールもやる場合もあるとか。お金がいくらあっても足りません・・・。

1クール 20万円~80万円相場とのこと

殆どの方は分割ローンで契約を結ぶことになると思います。

エビデンスが無い

現在メソセラピーにはエビデンスがありません。
エビデンスが無い新しい治療にそこまでのお金を掛けれる人がどれくらいいるのでしょうか?

普通に日本皮膚科学会のAGA診療ガイドライン通りに
フィナステリドと外用ミノキシジルでAGA対策した方が良いと思います。

フィナ&ミノキと併用でメソセラピーはどうなの?
と考えている方もいるかと思います。

併用でメソセラピーを行った場合
発毛したとしてもフィナ&ミノキとメソセラピー、

どちらの効果なのかわからなくなってしまいます。

もしメソセラピーをどうしても試した人は
フィナ&ミノキの効果が頭打ちになった時期にメソセラピーをやられてはいかがでしょう?

そうすればメソセラピーの効果を正しく評価できると思いますよ。

フィナ&ミノキの効果が頭打ちになる期間ですが、
使用開始後、2年~3年が経過した頃じゃないかなと思います。

効果があっても継続しないと効果はなくなる

メソラピーで発毛効果が得られたとしても
その効果を維持する為には定期的にメソセラピーを打たないと維持できないと思います。

メソセラピーは1回70,000円とかします。
それを定期的に打つなんて余程のお金持ち以外は無理でしょう。

メソセラピーは対処療法ではなく根治療法と勘違いしている人いませんか?

1クール、2クール打って維持できるなんて
そんな都合よくいくわけないと思います。

遺伝子が変わらなと不可能ではないでしょうか。

そんな治療法があるならとっくにノーベル賞が貰えてると思います。

AGAならメソセラピーよりプラセンタの方がマシ?

メソラピーと同じ「注射」でもプラセンタ「注射」なら
経済的負担も少ないですし、長く行われている治療なので安心できるのではないでしょうか。

AGAにプラセンタが効果があるというエビデンスはありませんが・・・。

プラセンタとは

プラセンタとは胎盤のことです。

プラセンタは古代ギリシアや中国でも使用されてきました。
なんと、あのクレオパトラも美容の為にプラセンタを愛用していたそうです。

女性のアンチエイジング治療としてもプラセンタは有名です。
美容外科、美容皮膚科はだいたいプラセンタ注射を行っています。

プラセンタに含まれている有効成分

・蛋白質
・脂質
・糖質
・ミネラル
・ビタミン
・アミノ酸
・各種成長因子

プラセンタには育毛効果がある?

プラセンタに育毛効果があるというエビデンスは残念ながらありません。
日本皮膚科学会の脱毛症診療ガイドラインでは評価対象にすらなっていません。

しかし、プラセンタには赤ちゃんの全身を作る栄養素が入っています。
細胞分裂を促進する成長因子も含まれています。

育毛効果があっても不思議ではない。

だから、プラセンタの育毛効果を謳ってる皮膚科クリニック、美容皮膚科クリニックは多くあります。AGA治療としてプラセンタをオプションに加えてるクリニックも多いですよね。

私が過去にプラセンタを打っていたクリニックでも
薄毛治療はプラセンタの得意分野とまで言っておりました。

プラセンタ配合の育毛剤なんかもありますよね。

過去に大阪の某医師がFC2ブログで
「自分のハゲを治した医者のブログ」
というブログを開設していました。

その先生はプラセンタ注射でAGAを回復させたとブログで豪語していました。

私は大阪までその先生を訪ねたことがありましたが
本当にフサフサになっていましたね(笑)

ちょっと胡散臭い感じもしてたんですけどね・・・(笑)

ハゲてる頃の写真も見せてもらいましたが
本当に凄い効果だなーと思って

私も大阪の先生がプラセンタ注射をした

名古屋の森下医院というプラセンタ治療専門のクリニックに行きましたから!(笑)

お腹にブスっと乳剤プラセンタを打たれましたよ!

プラセンタには無限の可能性があると思います。

プラセンタの作用

プラセンタには下記の作用があると言われています。

・血行促進作用
・抗酸化作用
・抗炎症作用
・抗アレルギー作用
・コラーゲン生成促進
・細胞の増殖再生
・免疫賦活作用

私の場合、慢性的な酒さ(赤ら顔)の調子が良くなった記憶があります。

抗炎症作用のおかげだったのかもしれません。

頭皮の脂漏性皮膚炎にも良さそうですね。

薄毛のプラセンタの関係

プラセンタと薄毛の関連記事

薄毛に悩む男性に朗報!? プラセンタ摂取で薄毛改善?

AGAスキンクリニック レディース院のWEBサイトでプラセンタが薄毛に効果がある可能性を示していますね。

【医師監修】プラセンタと薄毛の関係とは

ホルモンバランスを整える作用が本当にあったとしたら
AGAに対しても効果を期待してしまいますね。

プラセンタは厚労省が認可した医薬品

プラセンタは民間療法と違い、厚生労働省に認可された処方箋医薬品です。

肝機能障害更年期障害等に対しては健康保険適応で治療を受けることができます。

しかし、アンチエイジング効果、美白などの美容効果が注目されています。
美容目的でプラセンタ注射を打つ場合は自費診療となります。

もちろん、AGA治療、育毛目的でプラセンタ注射を打つ場合も自費になります。

プラセンタは安価である

健康保険適応の疾患だと診察代+注射1本で数百円で治療が受けられます。

美容や育毛目的などの自費診療でも、安い医院の場合、1本500円~2,000円程度で治療を受けることができます。

サプリメントは少し高額な気もしますが
注射を週1で売ってれば同じくらいのお金が掛かりそうです。

負担はそこまで大きくないですね。

この点が育毛メソセラピーとは違いますね。
あっちは1回70,000円とかですから(笑)

プラセンタの第一人者 吉田健太郎先生

プラセンタといえば吉田健太郎先生でしょう!

私も吉田先生の著書を読んでプラセンタ注射を始めましたからね。

実際に代々木上原の吉田先生のクリニックに行き、
吉田先生、直々にプラセンタ注射を打ってもらったことがあります。

吉田先生、元々は教師だったんですよね。
教師をやった後に千葉大学医学部に入学して医師免許を取得されたそうです。

吉田先生、人柄の良い先生でした。

過敏性大腸症候群と薄毛の関係などを質問して困らせてしまった記憶があります(笑)

大分前に医師を引退されたそうで、行方が分からなくて心配しておりましたが
今もお元気にされている様子をどこかのブログでお見掛けしました。

吉田先生は今もプラセンタの良さを広めてるみたいです。

プラセンタに興味を持たれた方、
吉田健太郎先生の著書を読まれることをお勧めします。

厚労省に認可されたプラセンタ注射は2つ

厚生労働省に認可された医薬品は2つあります。

ラエンネックメルスモンです。

ラエンネック

医療用医薬品 : ラエンネック

株式会社日本生物製剤のラエンネックプラセンタ。

ラエンネックのプラエンタは1974年に発売開始されました。
ラエンネック注射は慢性肝疾患の肝機能障害の治療薬として健康保険が適応になります。

私は以前、肝機能の数値が基準を超えていた時期がありました。
その時は健康保険適応でラエンネックのプラセンタ治療を受けていました。

山手線沿線のクリニックで10数回通院した記憶があります。

昨年、数年ぶりにラエンネックのプラセンタ注射を3ヵ月ほど受けていました。
この時は自費で週1、1回2アンプル1,500円ほどで打ちました。

私のハゲが悪化している頃でプロペシアからザガーロに変更を考えていた時期です。

結局、ザガーロに変更してからプラセンタ注射を打たなくなりましたね。

ラエンネックのプラセンタサプリ

日本生物製剤はラエンネックのプラセンタサプリメントも発売しています。ただし、人のプラエンタではなく動物由来(豚・馬)のプラセンタサプリです。私もこれと同じ商品を16年前に服用していました。

JBP 日本生物製剤 プラセンタ サプリ MDポーサイン100 (約1ヵ月分) ラエンネック製法 プラセンタ正規 JBP サプリメント placenta プラセンタサプリ 馬プラセン JBPポーサイン100 プラセンタサプリメント 【コンビニ受取可】

価格:16,200円
(2022/1/24 23:53時点)
感想(1096件)

相変わらず高いなー。プロペシア2箱分や!

メルスモン

メルスモン製薬株式会社のメルスモンプラセンタ。
メルスモンのプラセンタ注射は1956年に発売開始されました。、

メルスモン注射は45歳~59歳で更年期障害と診断された女性、乳汁分泌不全と診断された女性に対して健康保険の適応があります。約340円(自己負担3割)で治療を受けることができます。

私も昨年、初めてメルスモンのプラセンタ注射を打ちました。
自費だと若干メルスモンの方がラエンネックより高かったです。

効果はたぶん変わらないと思います(笑)

私は何となくメルスモンの方が効くような感じがして好きです。
ラエンネックを扱ってるクリニックは多いですが、メルスモンを扱ってるクリニックは少ないので
なんか希少価値があるような気がして(笑)

メルスモンのプラセンタサプリメント

メルスモン製薬は注射だけでなく、プラセンタのサプリメントも発売しています。

医薬品メーカーのメルスモンの本格派サプリメントだからかなりお高い・・・。

お金に余裕があり注射に抵抗があるかたはどうぞ!

メルスモン カプセル 120 MELSMON CAPSULE 120粒

価格:8,945円
(2022/1/24 23:16時点)
感想(1件)

メルスモンのプラセンタ石鹸なんてものもあります(笑)これをシャンプー変わりに使用したらどうなるのだろうか。お金に余裕がある方、どなたか試してみてください(笑)

メルスモン モイストソープ 100g

価格:2,087円
(2022/1/24 23:20時点)
感想(1件)

プラセンタ注射を打つ前に

プラセンタは生物製剤ですので一度でも打つと献血が一生できなくなります。
打つ前によく検討してください。

プラセンタを打つ前の医師から同意書にサインを求められます。
リスクを承知して、納得した上で治療を受けてください。

プラセンタを安く打てるクリニック

東京都内で安くプラセンタを打てるクリニックを紹介します。

新橋トラストクリニック 1本500円、2本750円、4本1,500円
中目黒あかりクリニック ラエンネック2A 1,100円 メルスモン2A 1,100円

つつじクリニック 銀座  1A 660円  2A 1,100円

プラセンタもAGA治療薬のフィナステリドやデュタステリドと同じで
薬は同じなのでできるだけ安いクリニックで受けた方がお得ですよね。

プラセンタと関係ないですが
新橋トラストクリニック、プロペシアが安いですねΣ(・□・;)

日本胎盤臨床医学会

下記はプラセンタの医学会のサイトです。

プラセンタ療法を行っている全国の医院を検索することができます。

一般財団法人 日本胎盤臨床医学会
プラセンタ療法を行うクリニックの紹介リスト

未承認薬のプラセンタ 乳剤と埋没法

乳剤プラセンタ

ラエンネックやメルスモンのエキス剤よりも、乳剤の注射の方が効果は高いと言われています。

私は名古屋の森下医院とハタイクリニックで乳剤プラセンタ注射を合計10回前後打ちました。(森下医院は閉院しました。ハタイクリニックでは現在、乳剤注射は行っていません。

たしかに肌はキレイになり、抜け毛が減少した記憶があります。
明らかにラエンネック、メルスモンより効果はありましたね。

プラセンタ埋没法

私は15年位前に早稲田の診療所で埋没法を数回やりました。

おばちゃん先生に特殊なゴツイ器具でグリグリと胎盤を腕に埋没されました(笑)

埋没する前に麻酔の注射を打つので痛みはありませんでしたが、
グリグリと胎盤が腕の中に入っていく感触はありましたね。

埋没箇所が指先くらいの物体が入ってぷっくらしました。

数日掛けて身体に吸収されていきました。

効果は身体がポカポカして血行が良くなり、身体の疲れが抜けたように感じました。

発毛したとかはなかったと思いますが、抜け毛が減った気がしたのと、

頭皮の色が赤みのある色から、白っぽくなったのを覚えています。

早稲田の診療所、今は閉院してるようです。

久しぶりにプラセンタ埋没をやってみたい気もするなー(笑)若返りたい!

プラセンタ埋没に興味がある方、下記のマニアックなサイトもご参考にしてください。

WEBサイト 胎盤による組織療法

プラセンタ埋没法を行ってるクリニック

ひわきクリニック(東京)

さくらクリニック(鹿児島)

ふじさお内科クリニック(大分)

緑愛クリニック(北海道)

乳剤と埋没法は効果も高いかもしれないがリスクも高い

乳剤も埋没法も厚生労働省未承認の治療です。
副作用が出ても副作用救済制度の適応外です。

この点はAGA専門クリニックの医院オリジナル治療薬や
個人輸入のフィンペシアやミノタブと同じですね。

未承認薬故のリスクがある治療法であることを忘れてはいけません。

プラセンタは生物製剤ですからね。

厚労省に承認されてる

ラエンネック、メルスモンより遥かに副作用の心配は大きいですね。

自己責任です。

個人的にはお勧めしません。

効果は劣りますがエキス剤のラエンネック、メルスモンのプラセンタで十分だと思います。

プラセンタ注射を打つと一生献血ができなくなる

プラセンタサプリメント

プラセンタ注射を1度でも打った人は、一生涯、献血ができなくなります。

これはプラセンタが生物製剤である為、理論的にはヤコブ病の可能性がゼロではない為の措置だそうです。

これまでプラセンタ注射によるヤコブ病は確認されていません。

献血が出来ないのは日本赤十字社が決めたことなので仕方ありません。

どうしても献血ができなくなるのが嫌な人はプラセンタ注射ではなく、

プラセンタサプリメントを選択するのも良いかもしれません。

プラセンタサプリメントの場合は摂取しても献血は可能みたいです。

サプリメントのプラセンタは人間の胎盤ではなく、動物(馬や豚)の胎盤が使用されています。

人間と動物で種の違いもある為、
人の胎盤よりも感染症のリスクは低いかもしれませんね。

動物の胎盤にもアミノ酸など豊富な栄養素がある為、
美容効果を期待して摂取している女性が多いです。

私もプロペシアの服用をする前に
AGA対策としてプラセンタサプリメントを摂取しておりました。

ちなみに私が服用していたのは「豚」のプラセンタサプリでした。

当時1万円以上した記憶があります。

現在では豚プラセンタよりも
1.5倍のアミノ酸を含有している
馬プラセンタがサプリメントの主流のようです。







プラセンタがAGAに効くというエビデンスはありません。

しかし、育毛サプリとしてメジャーであるノコギリヤシパルテノライドより

何となく期待できのかな?とも思ったりします。

何となく・・・(笑)

プラセンタ>>>AGAメソセラピー

私の中では完全に

プラセンタ>>>メソセラピー

です。

育毛メソセラピーやハーグ療法は無料でも私は打ちませんが、
プラセンタはお金払ってでも摂りたいですからね。

昨年は10数回プラセンタ注射を打ちました。

また再開するか考え中です。

プラセンタ注射を再開したらブログでお知らせします!

まとめ

AGA専門クリニックや美容クリニックで行ってる

AGAメソセラピーは1回7万~10万円と高額である。

何クールもやれば100万単位のお金が掛かる。

それなのにAGAに効果があるというエビデンスが無い。

日本皮膚科学会の脱毛症ガイドラインでも推奨されていない。ほぼ民間療法である。

そんな得体のしれない注射よりはプラセンタ注射の方がマシという考えもできる。

プラセンタ注射は1回あたり500円~2000円で打てるクリニックが多く

リーズナブルな価格設定である。

注射が嫌な方にはプラセンタサプリメントもある。

ラエンネックやメルスモンからも発売されているし、その他のメーカーもプラセンタサプリを発売している。サプリは注射と違い採取後も献血ができる。

ラエンネック、メルスモンのエキス剤よりも、乳剤プラセンタやプラセンタ埋没法の方が様々な疾患に効果があるとされている。しかし、厚生労働省未承認薬なので重度な副作用が出た場合の補償がない。

プラセンタには無限の可能性があるので、他のサプリメントよりは期待でくるかもしれない。

 

タイトルとURLをコピーしました