若ハゲ治療 フィナステリド(プロペシア)

フィナステリド

フィナステリド(プロペシア)について

フィナステリドとは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。
もともとは、前立腺肥大症の治療薬として使用されていました。
副作用で髪の毛が増える作用が確認された為、現在、男性型脱毛症の治療薬として、多くの若ハゲの方が服用しています。日本では2005年12月、厚生労働省にフィナステリドが認可されて、プロペシア錠が処方されるようになりました。
若ハゲ治療ではこのフィナステリドが一番重要です。
フィナステリド無しでの育毛は成功しないと言っても過言ではありません。

私も、2006年から2020年8月まで、
14年間毎日服用していました。

フィナステリドのおかげで、23歳からハゲだしたのに、40歳の現在も髪の毛は残ってます。(25歳時より、40歳の現在の法が毛量が多い)

スポンサーリンク
G.グリーンクリニックAGA遠隔医療

【フィナステリドはなぜ若ハゲに効くのか】

フィナステリがどのように若ハゲに作用するのかは、こちらを参考にしてください。

簡単に説明すると、ハゲの原因は男性ホルモンのテストステロンと、還元酵素の5αリダクターゼが結合すると、
悪玉男性ホルモンのジビドロテストステロンに変換されてしまう。
ジビドロテストステロンが通常2年~6年ある髪の毛のヘアサイクルの寿命を短くしてしまうことで
若ハゲにしてしまいます。

テストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害してくれるのが

フィナステリドです。

要するにハゲの原因を抑制する薬です。

ですからフィナステリドは、「守りの薬」と言われています。

攻撃は最大の防御である、と言われていますが、若ハゲの育毛ではそれが当てはまりません。
守りこそが最大の攻撃なのです。

【フィナステリドは飲み続けないといけない?】

よく、フィナステリドは服用を止めるとハゲに戻ってしまうから飲まない、
と主張されてる方がいます。

「一生飲み続けないといけないのは怖いから、フィナは最後の手段にとっておこう」
「とりあえず市販されてる育毛剤で様子を見る」
「育毛シャンプーやサプリメントを飲みながら、生活習慣を変えることから始めよう」

このような理由でフィナステリドを飲まない育毛を選択すると、

あとで後悔する可能性が高いです。

理由は簡単。

育毛剤やシャンプー、サプリメントを飲んでも、

ハゲの原因 ジビドロテストステロンは抑制できないからです。

生活習慣を変えたところで、ジビドロテストステロンは抑制できないからです。

ハゲはどんどん進行していきます。

若ハゲの原因は医学的にほぼ解明されてきてしまっています。
残念ながら、ジビドロテストステロンが原因で、先天的なものです。
どんなに生活習慣を変えて、バランス良い食事を採ってもDNAは変わりません。

現在の医学では、フィナステリド等でジビドロテストステロンを抑える以外、
エビデンスがある育毛法は存在していません。

つまり、ハゲは薬を飲み続ける以外、フサフサな髪を維持することはできません。

でも、逆に考えれば、フィナステリドを飲んでさえいれば、ハゲはそう進行することはありません。

私は23歳でハゲ出して、26歳からフィナステリドを飲みだしましたが、
40歳の現在の方がフィナステリドを飲む前(25歳前後)より髪の毛は多いです。

フィナステリドを飲んでいなかったら、

30歳くらいで完全なハゲになっていたでしょう。

フィナステリドは私の命の恩人です(笑)

【効果はどれくらいで出始める?】

フィナステリドは抜け毛の原因を抑えて、乱れていたヘアサイクルを正常に戻し、
結果として髪を濃くする薬です。

ですから、ぱっと見で「増えた!」と、実感するまで時間が掛かります。

一般的には最低 6か月の服用が必要と言われています。

私の場合ですが、服用して3ヵ月~半年で抜け毛の減少を実感して、
髪が増えたように感じたのは1年~2年くらいの間でした。
服用3年で髪の量がピークを迎え、その状態を7年くらい維持した感じです。

プロペシア服用前 2006年7月ごろ

2009年(フィナステリド服用3年)

つまり、私の場合、フィナステリドで効果マックスの状態が10年近く維持されていたことになります。

海外の臨床データでは5年後でも効果が維持している人が9割以上みたいです。MSDサイト→プロペシア®錠 臨床成績<海外データ (5年)>|MSD Connect

私はピークを服用10年後まで維持できたので、比較的効きやすい方だったのかもしれません。日本人の方が効きやすいのかな?

2020年 12月(フィナステリドからデュタステリドに切り換え4ヵ月)

服用14年が経過した、2020年8月のときでも、年齢の影響か若干は量が減りましたが、それでも25歳の頃よりはフサフサでした。

14年って長いですからね。

26歳の頃はハゲたら若ハゲ、

40歳の現在では単なる中年ハゲですから。

【初期ハゲの段階ならフィナステリドで完全回復】

繰り返しになりますが、フィナステリドは悪玉男性ホルモンのジビドロテストステロンを阻害して、
乱れたヘアサイクルを正常に戻す薬です。つまり、完全にハゲたところから髪の毛を生やすほどの効果はありません。
しかし、ハゲの原因を抑制できる薬です。

少し薄くなってきたかな?
あれ?つむじが大きくなってきた?
髪にハリコシがなくなり、髪型がセットしにくくなってきた、
細い短い毛が抜け始めた、

等、若ハゲのスイッチが入った段階・・・
つまり、薄毛の状態で服用を始めれば、悩む前のフサフサな状態まで回復する可能性があります。
1日1回飲むだけで、若ハゲの悩みが無くなるのはかなり恵まれています。

これがある程度ハゲが進行してしまってる状態だと、フィンステリド単体では満足行く育毛ができない可能性が高くなります。


ミノキシジルという塗り薬を併用しないと満足行く毛量にはならないかもしれない。
M字ハゲ、生え際ハゲが進行してしまい、植毛手術をしないと前髪が復活しないかもしれない。

ミノキシジルだって月5000円くらいしますし、植毛は50万円~100万円くらいします。

このように、ハゲは進行すればするほど、お金が掛かるようにになってしまいます。

初期の段階(他人にハゲだと気づかれない程度)でフィナステリドを始めれば、
ミノキシジル代や植毛代は不要です。

私は初期ハゲを3年半の間、放置してしまったので、27歳の頃に自毛植毛手術を受けました。
23歳の頃、初期ハゲのうちにフィナステリドの服用を始めていれば、植毛手術は不要だったと思います。生え際の後退が始まる前にフィナステリドを飲んでれば、後退を食い止めてた可能性が高い。
40歳になった今でも、後悔しております。

若ハゲは早期治療が大切です!

【初期脱毛や副作用】

フィナステリドを服用して初期脱毛が起きた人もいるようです。
一時的に抜け毛が増えることみたいですが、
私には初期脱毛と思われる症状は出ませんでした。

副作用は薬である以上、ある程度は出現してしまう方がいるそうです。

フィナステリドの副作用についてはこちらを参考になさってください。

私も副作用が怖かったので、最初の方は血液検査でGPT、GOTなどの肝臓の数値をチェックしていました。
幸い14年間で異常が出たことはありませんでした。

しかし、肝臓は沈黙の臓器と言われていて症状が出にくくて怖いので、
定期的な医師の診察、血液検査をお勧めします。

フィナステリドに限らず、薬には少なからず副作用はあります。

ですから、フィナステリドは医療機関で正規品を処方してもらうことでリスクを減らしましょう。

【フィナステリドを手に入れる方法】

フィナステリドは処方箋医薬品なので、病院で医師の診察を受けないと手にれることはできません。

Amazonや楽天では買えませんし、マツキヨなどでも買えません。

医療機関で処方されるか、処方箋を貰い薬局で処方されるかです。

現在(2020年12月)は新型コロナの影響でオンライン診察なので郵送してくれるところもあります。

フィナステリドを扱ってる病院としては、

・AGAクリニック

・皮膚科、内科、形成外科

・美容外科

・大学病院

・男性クリニック(バイアグラ等を処方してる)

等があります。

都市部に住まれてる方なら、臨床経験が豊富なAGAクリニックか、

診察~処方までが早い男性クリニックがお勧めです。

地方にお住まいな方は、一般の病院、クリニックになることが多いと思います。

あらかじめ、AGA治療をしてるか?フィナステリドの処方を行ってるか?

を、確認しておいたほうが良いでしょう。地方の場合、皮膚科が無難だと思います。

【フィナステリドの価格】

フィナステリドは健康保険が適応されない自費診療になるので、病院により価格が違います。

フィナステリドには、先発品のフィナステリド(製品名プロペシア)の他に、複数の製薬会社が発売してるジェネリック品があります。
一カ月分だと、先発品で8000円~10000円、ジェネリック品で5000円~6000円が相場です。効果は基本的には同じはずです。有効成分フィナステリドが配合されていますから。しかし、有効成分以外の添加物や製造方法が違うので、まったく効果が同じかどうかはわかりません。ちなみに私は14年間ずっと先発品(製品名プロペシア)を服用していました。

その他、総合病院や内科、皮膚科の場合、薬代の他に診察料も別途掛かる場合が多いです。

安くはないですよね・・・・。しかし、若ハゲの育毛効果を考えれば高くないと思います。

【まとめ】

昔と違い、現在は若ハゲの悩みはAGA治療、フィナステリドで解決する時代です。初期ハゲの時点で病院に行くことが育毛成功のカギです。ハゲは放置するほど進行して、満足いく効果を出すことが難しくなっていきます。ハゲで悩んだら早めに病院に相談に行くことをお勧めします!ハゲの悩みを無くして、20代という人生のゴールデンタイムを楽しんで欲しいと願ってます!

都心部にお住まいの方なら、AGA専門クリニックがお勧めです。まずは自分の若ハゲが本当に男性型脱毛なのかを専門医に診てもらうのが良いと思います。お父さんもおじいちゃんもハゲで、明らかな男性型脱毛症のハゲ方の人、すでにAGA治療を受けたことある人や、薬だけ欲しいという方には、バイアグラなどを処方している、男性専門クリニックもお勧めです。でも、個人的に初めて若ハゲ治療を受けようとしてる方には、AGA専門クリニックが一番良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました